阪神西大阪線「伝法」駅から徒歩7分、此花区の中川歯科医院

  
一般歯科
 

当院では、できるだけ、「抜かない」「削らない」「痛くない」治療を目指し、
患者さまのご要望を、的確にとらえ、最適な治療法をご提案し、
最善の治療をおこなっております。

歯科医療は、日々確実な進歩を、遂げております。
その中で、常に質の高い医療を提供できるように、
又、患者さまの負担を少しでも軽減できるように、日々、研鑽につとめ、
最新の知識や技術でもって、治療にあたっています。

おもな診療内容

1.虫歯の治療‥‥

できるだけ削らない治療を心がけています。
又、小さな初期虫歯のうちに診断、処置することが大切なことだと考えています。


2.歯周病治療‥‥

歯科医、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアと患者さまご自身によるセルフケアの両方が大切です。

プロフェッショナルケアについては
@超音波スケーラーによる歯垢除去  A手作業の器具による細かな部分の仕上げ
Bレーザー治療機による殺菌     C歯周外科などを主として実施しています。

セルフケアに関しては歯科衛生士によりきめ細かなブラッシング指導を行い、
最適なアドバイスを行っています。

■歯周病の進行



■歯肉炎

歯と歯ぐきの間にプラークがたまって
歯ぐきが腫れ、出血しやすくなっています。
歯を支える骨にはまだあまり影響がありません。

■中等度歯周炎

歯周ポケットが形成され歯石が深部まで付着し
歯を支える骨を半分くらい失っています。

■進行した歯周炎

歯を支える骨がなくなってきて歯がぐらつき、
このまま放って置くと歯が抜けてしまいます。
歯ぐきが下がる、膿がでるなどの症状もみられます。


3.口臭治療‥‥

口臭の6〜7割は歯周病や虫歯などの歯科疾患によるものです。
ただ、慢性化していると鼻が麻痺して自分では気がつかなくなります。
根源から口臭をなくしたいのなら、臭いを隠すだけではダメです。
歯科の問題点を治してから、お口のコンディションを整えて口臭の起こりにくい環境を作りましょう。
そして、口臭を隠す必要のない透明な息を手に入れましょう。

4.抜歯‥‥

できるだけ「抜かない治療」を実践しています。又、レーザー治療機を用いて、
かなり歯を残すことが可能になりました。

  
審美歯科
 

審美歯科というと、見た目の白さと美しさだけを追及する治療をイメージするかもしれません。
しかしそれでは真の審美歯科と言うことはできません。
審美歯科において大切なことは、歯並びとお顔との調和、

そして歯本来の機能をしっかりと考えて、
そしてその人にとってのベストな笑顔を創り出すことのできる治療を行うことです。
そして、”輝けるアナタ”を実現するために、まずは、お口元から変えていってみませんか?

おもな診療内容

グラディア、セラミックインレー

虫歯の部分を削ったあとは、健康保険でできる、小さな金属でつめるタイプが、主流ですが、
この金属の部分を、白いグラディア(ハイブリット型硬質レジン)やセラミックなどでつめてしまう方法です。


レジンという材料を歯の色に
合わせて詰めなおしました。

保険で作製した金属の詰め物を、
グラディアという
自費の白い詰め物に変えました。

グラディアは、
より歯に近い色を選択できます。
どこを治療したのか
わからないくらい自然です。



セラミッククラウン

虫歯の治療後にクラウン(金属のかぶせもの)をするかわりに、
セラミックス製のクラウンをかぶせて歯を修復する方法です。
歯を白くするだけでなく、歯並びも整い、美しく自然に仕上がります。
また、金属をまったく使用しないオールセラミッククラウンでしたら、
金属アレルギーによる歯ぐきの変色も防げます。


見た目をきれいにしたいということで、
前歯4本をセラミックにしました。
気になっていた
歯肉の黒くなっている部分も解消され、
きれいになりました。

ホワイトニングで白くした歯に合わせて
前歯3本をセラミックの物に変えました。
セラミックは色が変わらず、
汚れもつきにくく見た目もきれいです。

1本だけ冠を入れて自然な感じにするのは
難しいのですが、
両隣の本来の歯と見分けがつきませんね。

奥の歯は保険で作製した冠、
矢印の歯は自費のセラミックです。



ホワイトニング

歯のホワイトニングとは、色素が染み込み黄ばんだ歯を漂白剤で脱色していく方法です。
歯を削らずに、しかも短期間に白い歯を手に入れる…そんな理想的な方法がホワイトニングです。

当院では、お家でできる漂白(ホームブリーチング)を実施しています。
医院にて、型どりをして、患者様にあったカスタムトレーを制作。
お家で、専用のジェルをトレーの中に入れて装着。1日2時間ぐらいの実施で、美しい歯があなたのものに。


  
口腔外科
 

歯科で扱う病気の大部分は、虫歯と歯槽膿漏ですが、これ以外にも、口の中の病気があります。

口腔外科とは、親知らず、顎関節症、細菌や、ウイルスの感染症、口内炎、顎の骨折、
舌や歯肉のガン、唾液腺などのお口の疾患を扱うものです。
このような、顎・口腔に関する症状やお悩み事が、ございましたら、
当院にて、お気軽にご相談ください。

おもな診療内容

◇親知らず・埋伏歯の抜歯

現代人は顎の大きさが小さくなっているので、親しらずが並びきらないことが多くあります。
その為、まっすぐ生えないなどの問題が起こり、他の歯にいろいろな悪影響を与えることがあります。
真横に埋まっている場合も多く、その際には抜歯時に歯肉を切開し骨を部分的に削って抜く必要があります。


◇顎関節症

お口が開きにくい、開けるときに痛みがある、関節から音が鳴る。
このような症状を顎関節症といいます。
かみ合わせ・歯ぎしり・生活習慣・ストレスなど、さまざまな原因が顎関節症には 影響していますので、
その治療には総合的な診査・診断が重要です。


◇口腔粘膜疾患

口内炎、口腔扁平苔癬・白板症・ウイルス感染症・水疱症などの口腔粘膜に発現する水疱、
びらん、潰瘍(できもの)などをいいます。
ただの口内炎と思っていたら悪性の腫瘍だったというケースも少なくありませんので、
症状が一向に治まらない場合は診察をお勧めします。


◇顎関節症

お口が開きにくい、開けるときに痛みがある、関節から音が鳴る。
このような症状を顎関節症といいます。
かみ合わせ・歯ぎしり・生活習慣・ストレスなど、さまざまな原因が顎関節症には 影響していますので、
その治療には総合的な診査・診断が重要です。


◇舌疾患

舌炎、舌痛症、口腔乾燥症(ドライマウス)、味覚障害、先天性の疾患


◇先天性の疾患

上唇小帯(上唇の中央から歯茎に伸びるスジのこと)・舌小帯(舌の裏のスジのこと)の異常


◇唾液腺疾患

唾石症(唾液腺や唾液を送る排泄管内に結石が生じる)など


◇インプラント

歯を失った部分の骨にチタン性の人工歯根を埋め込みます


◇外傷

歯の破折、顔の骨の骨折、口腔軟組織裂傷(口内や唇の裂傷)などの外傷に対する処置です。
緊急を要する場合がほとんどですので、直ちにお問合せください。

  
インプラント
 

入れ歯や差し歯にかわる新しい治療法として最も注目されているのが
インプラントと呼ばれる方法です。
インプラント治療は抜けてしまった歯の根の変わりに
顎の骨に人工の歯根を埋めこむ国際的に広く認められた手法です。

「インプラント」と聞くと、「怖い、痛い」などの
マイナスなイメージを持たれるかもしれませんが、
インプラント治療というものは特別なものではなく、
普通の歯科治療となんら変わりありません。
インプラントの手術自体は複雑なものではありません。
入院の必要はなく、痛みも抜歯程度であるため、けっして怖いものではありません。
インプラントの治療方法自体は、半世紀程度の臨床実績があり、
確立された安全な治療方法です。最近では、「第二の永久歯」といわれているほど、
機能的にも見た目にも、天然の歯にもっとも近く自然で美しいものです。

インプラントのメリットは?

 

●自分の歯のような自然な感覚
●噛む力が低下しない
●健全歯はそのまま保存できる
●審美的(外見)良好

インプラント治療でどのように改善されるのでしょうか?

◇総入れ歯の方の場合

■問題点
・味覚が異なります
・発音障害になる場合があります
・異物感を感じます
・痛みを感じる場合があります
・粘りのある食べ物に苦労します
・硬い食べ物に苦労します

■改善されます
・違和感、異物感がありません
・審美的に良好で、自然にお話できます
・自分の歯に近い感覚で、味覚が楽しめます
・食べ物を選ばず、快適に食べられます
・治療から2ヶ月で噛めるようになります


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇部分入れ歯の方の場合

■問題点
・入れ歯の留め金によって、
 歯などに痛みを感じる場合があります
・異物感、違和感があります
・審美性に欠けます
・粘りのある食べ物や硬い食べ物に苦労します

■改善されます
・留め具を必要としないために、
 口の中がスッキリし、審美的にも良好です
・治療から2ヶ月で、自分の歯に近い感覚で、
 噛むことができます
・粘りのある食べ物や硬い食べ物に関係なく、
 食事を楽しむことができます。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇ブリッジの方の場合

■問題点
・隣の健康な歯を削り、悪化させます
・支える歯に負担がかかります
・支える歯が2本以上必要です
・歯の抜けた部分の骨が、
 次第にやせていく場合があります

■改善されます
・歯のない部分に、インプラントを入れるため、
 健康な歯を削ることはありません
・自然な感覚で、噛めるようになり、
 顎の骨の健康を維持することができます
・治療から2ヶ月で、自分の歯に近い感覚で、
 食事が楽しめます


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇放置の方の場合

・周囲の歯が動きます
・対合していた歯が浮いてきます
・食べ物がつまりやすくなります
・噛む機能が低下します
     ↓
周囲の歯が歯周病や虫歯になりやすい

■改善されます
・周囲の歯が動きません
・自分の歯を健康に保つことができます
・治療から2ヶ月で噛むことができます
・審美的に良好です
(見た目がきれいです)

当院でのインプラント治療の特徴

 

@手術が1回で済みます。
現在、インプラントにはいくつかの種類がありますが、
手術が2回必要な方法(2回法)と手術が1回で終わる方法(1回法)の2つがあります。
当院では、約10年前より患者さんの負担が非常に少なくてすむ
1回法を主として採用しています。
又、手術はほぼ100%成功しています。

A早期に骨と結合しますインプラントの種類によっては、
インプラントと骨が結合するまでに5〜6ヶ月程度必要とするものがありますが、
当院のインプラントは約1〜2ヶ月で早期に、強固に結合します。

B高性能のインプラントを、比較的安価で提供しています。
耐久性にも優れて10年経過した患者さんも、
定期健診をきちんと行うことで良好に維持されています。
当院では、より多くの患者さまにこの高性能のインプラントを提供したく、
比較的安価で実施しています。

■インプラントに関するよくある質問

治療は痛いのでしょうか?

<回答> インプラントは歯を抜く場合と同程度の手術が必要です。
麻酔をしますから痛みに耐えながら治療を行うというようなことはありません。
手術後、麻酔が切れると腫れや多少痛みが出る人もいますが、
安静にするなどの処置で回復できます。

治療費用は?

<回答> 費用は、手術/インプラント/インプラントに被せる人工歯の合計です。
治療本数や部位により異なりますが、当院では比較的安価で提供しています。
インプラント治療は健康保険扱いとなりませんが医療控除の対象となります。

治療に伴う入院や生活に支障はないですか?

<回答> 患者さんの健康状態や治療本数などにより異なりますが、
当院の手術においては入院の必要はありません。
手術直後は抜歯をした時と同様、安静が必要です。
以後、通常の生活で問題はありません。

治療ができる年齢などの制限はあるのですか?

<回答> 年齢性別での制限はありません。
80歳の高齢者が治療を受け健全な噛み合わせを回復した例もあります。
顎の状態、体質や疾病(重度の糖尿病やアレルギーなど)によっては
治療ができないこともあります。

インプラントはどのくらいもちますか?

<回答> インプラントは永久的なものではありません。
しかし、口の中を衛生的に保つことを心がけ、定期健診を
きちんと行うことで10年以上良好に維持されている患者さんも沢山います。
正しい手入れがインプラントを長持ちさせることにつながります。

いつから噛めるようになりますか?

<回答> 使用するインプラントの種類や部位、また患者さんの顎骨の状態などに
よっても違いますが当院のインプラントの場合、
手術は1回で済み噛めるまでに約2ヶ月を目安としています。

インプラントの歯では何でも食べられるのですか?

<回答> インプラントに人工歯を被せた最終治療後、よく馴染むまでは無理して噛まずに
軟らかい食物にしてください。
その後は通常の食事ができますから、入れ歯や無菌では味わえなかった歯応えの
ある物でも何でも食べることができます。

  
義歯(入れ歯)
 

高齢化社会となり、入れ歯で お悩みの方も、多いかと思われます。
入れ歯の調子が良くないのは、ご自身の顎の形や大きさ、または、歯ぐきの状態が、
悪いせいだと、あきらめていませんか?が、決してそうではない場合が、たくさんあります。
当院にて、お気軽に、ご相談下さい。

おもな診療内容

[T]総入れ歯の方は‥‥
今までの義歯がはずれやすく、食事がしにくいとお困りの方は、一度当院へご来院下さい。
診査の上、現状よりご満足いただける義歯をご提案いたします。

[U]部分入れ歯の方は‥‥
@今までの義歯では金属のバネがゆるくてはずれやすいとお困りの方は、
一度当院へご来院下さい。診査の上、現状よりご満足いただける義歯をご提案いたします。

A今までの義歯では金属のバネが見た目に良くないとお困りの方は一度当院へご来院下さい。
新技術から生まれたバネのないノンクラスプデンチャーをご提案いたします。

この特徴は↓

■自然な美しさ

従来の部分入れ歯にみられる金属のバネがありません。
笑ったときに金属部分がみえないので、笑顔が素敵にみえる入れ歯になります。


■快適なつけ心地

入れ歯自体が薄くて軽い仕上がりなので、口の中がすっきり感じられます。


■歯にも優しい

残ってる歯に金属のバネで固定する従来の部分入れ歯と違い、
金属バネのない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は残っている歯に負担をかけずに
しっかりと入れ歯を固定できます。


■金属アレルギーの方にも

金属アレルギーの方でも金属を使用しないため安心です。


≪症例1≫

義歯に、まったく金属のバネを使っていないタイプの一例です。


≪症例2≫

義歯を、細いワイヤーと小さなストッパーのみで維持するタイプの一例です。


≪症例3≫

義歯を、小さな金属のストッパーのみで維持するタイプの一例です。


  
小児歯科

●美しい永久歯のために

小児歯科では、ただ、むし歯を治すだけではなく、歯と顎の正常な成長と発達を促し、
将来予測される歯の問題を未然に防ぎます。お子さまの成長に合わせて、
虫歯の無いきれいな歯並びと正しいかみ合わせになるための最善の治療を行っていきます。
当院では、小児期における歯列不正が、特に重要課題と考え、必要な方には、
小児矯正の治療も行っています。


●生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌をもっていません

当たり前のことですが、むし歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口には住んでいません。
主に母親や父親から感染してしまいます。
そのためにご両親のお口の衛生管理をしっかり行うことが重要です。
子供が生まれたら、まずは、お父さまお母さまの歯科医院での検診をお勧めいたします。

●乳歯が生えそろったら

乳歯が生えそろうくらいになると、
正しい歯の磨き方を教わらないうちにお子さまだけに任せてしまうのは危険です。
当院では、歯科衛生士による丁寧なブラッシング指導を行っております。
虫歯のないきれいな永久歯のために、早めに正しいブラッシング方法を身につけましょう。

おもな診療内容

1、むし歯や歯肉の病気の治療と予防(フッ素塗布)
  特に、むし歯予防に力を入れています。定期検診でシーラントやフッ素塗布も実施しています。

2、咬合誘導(歯列育成のための予防矯正や、歯列矯正まで)
  お子様の歯並びを、生えかわりの時期から見守っていきます。

3、外傷歯の修復・整復・固定
  前歯をぶつけて、抜けてしまったり、ぐらぐらになったり、欠けてしまった場合は、
  すぐにご来院ください。

4、口腔清掃指導
  当院の歯科衛生士が、丁寧に歯磨き指導を行います。

5、口腔悪習癖(母指吸引癖・咬爪癖・舌弄癖など)の除去指導
  指吸い、舌の癖などの歯や噛み合せにとって、悪い癖をやめられるように指導します。